埼玉のWebコンサルタント

ブログ

「StatCounter」でブラウザや画面解像度のシェアを調べる

新しくサイトを制作するとき、ブラウザのどのバージョンまで対応するか?サイトの横幅はどのくらいにするか?悩みますよね。そんなとき、世の中のシェアをチェックできるサービスStatCounterが便利です。

StatCounterとは

アメリカ企業が行っている統計調査。同サービスを利用している300万サイトのデータをもとに、ブラウザの検索エンジン、画面解像度のシェアなどをみることができるサービスです。

StatCounterの使い方

StatCounterの使い方

調査対象とする期間を指定、調査対象とするリージョンを指定、調査したい項目を指定するだけ(指定する順番は自由です)。

データは折れ線グラフ、棒グラフ、地図で出力され、そのグラフはそのまま画像やCSV形式でダウンロードしたり、Webページに貼り付けたりできます。

StatCounterを使ってみた

ブラウザのシェア

ブラウザのシェア(2014年5月)

Chromeさんが一番に見えますが、各バージョンを合計するとIEが49.68%とまだまだ強いですね。あれ、IE7がいないですね。もう忘れていいってことかなw

ブラウザのシェアの推移

ブラウザシェアの推移(2014年5月)

4月から5月にかけてIEのシェアが激減しているのはIEの脆弱性が見つかって一部でIE禁止令が出たからですかね。

画面解像度のシェア

画面解像度のシェア(2014年5月)

サイトの横幅を決めるときに参考にしたいです。1位の1366×768はMacBook Air(11インチモデル)の標準解像度ですね。


PageTop