埼玉のWebコンサルタント

お問合せ

Sassを使うなら、Compassも一緒に使おう!

Sassを使うなら、Compassも一緒に使おう!

前回はCodaでSassを使う方法を説明しました。Sassだけでも充分便利なんですが、あわせてCompassを使うとさらに劇的にCSS管理が楽になります。

Compassとは?

SassはCSSの編集機能を拡張するものでしたが、Compassはそれをさらに拡張してくれるフレームワークです。CSS3やリセットCSS、文字サイズ調整、レイアウトなどのモジュールが用意されていて、@includeで簡単に呼び出せます。なんと、CSS Spriteの自動作成もできちゃいます(まだやったことないけど)。

Compassのインストール

ターミナルから以下のコマンドを入力するだけでOKです。

sudo gem install compass

(のはずだったんだけど、エラーが出たのでこちらを参考にしてxcodeのcommand line toolsをインストールしたら無事にインストールできました)

Compassの使い方

新規プロジェクトの作成

ターミナルで次のコマンドを入力するだけ。

compass create 新規プロジェクト名

すると新規プロジェクトのフォルダが作成されます。

プロジェクトファイルが作成されます。

その中に設定ファイル(config.rb)、Sass、CSSが入っています。IE用(ie.scss)、印刷用(print.scss)は不要なら削除してしまってOKです。screen.scssを編集します。

Compassをインポートする

Compassのさまざまな機能を使うには、scssにcompassをインポートします。

@import "compass";

この1行でCompassの基本モジュールが読み込まれます。ベンダープレフィックスやクロスブラウザ対応、clearfixなどのmixinが利用できます。

@import "compass/reset";

この1行を追加すればリセットCSSも読み込まれます。なんて、便利なんでしょう!

WatchコマンドでCSSを自動的に書き出す

ターミナルから次のコマンドを入力します。

compass watch

Watchコマンドを使うと、scssファイルを監視して、変更があったら(保存するだけで)自動的にCSSを書き出すことができます。ただし、常時ターミナルを立ち上げておく必要があります。監視の終了は「Control」+「c」です。

Compassの使用例

.radius {
	@include border-radius(10px);
}

めんどくさいベンダープレフィックスですが、Compassに用意されたmixinなら、上のように書いてscssファイルを保存するだけで…

.radius {
  -moz-border-radius: 10px;
  -webkit-border-radius: 10px;
  border-radius: 10px;
}

上のような形に展開されます!簡単!便利!ミスも減ります。

トップに戻る