埼玉のWebコンサルタント

ブログ

「BackWPup」でバックアップ作業を自動化する方法

前回、WordPressのバックアップとレストア方法を説明しましたが、定期的にやらないといけない作業なので自動化したいと思います。

自動化には「BackWPup」というプラグインを使います。

BackWPupとは

テーマやプラグイン、アップロードした画像などのFTP領域のデータと、データベース領域の両方を一括でバックアップできるプラグイン。バックアップの対象、バックアップの方法、スケジュールなどを細かく指定できます。

自動化するバックアップ作業

BackWPupはWebサイトを丸ごとバックアップできますが、毎回全てのデータは必要ないので、シンプルに次のようにします。

  • バックアップ対象:SQLデータのみ
  • バックアップ方法:zipに圧縮してメール送信
  • バックアップ頻度:毎月1回(月初)

BackWPupの設定

プラグインをインストールしたら、新しい「Job」を作成します。

GENERAL:一般設定

まず「GENERAL」タブでなにをどうやってバックアップするか、基本的な設定を行います。

GENERAL:一般設定

バックアップ対象は、データベースだけでなく、ファイルやプラグインリストなども選べます。バックアップ方法もメール送信以外にも所定のフォルダに保存したり、Dropboxなどと連携させたりできます。

Schedule:スケジュール設定

「Schedule」タブではバックアップのスケジュールを設定します。

Schedule:スケジュール設定

DB Backup:DBのバックアップ設定

「DB Backup」ではデータベースのどのテーブルをバックアップするか設定します。ここは全てを指定しておけばOKです。

DB Backup:DBのバックアップ設定

To:Email:メール設定

バックアップ方法で「メール」にチェックを入れると出現する項目です。メールの送信先と送信元のアドレスを設定します。

Email:メール設定

Job設定が完了したら

動作確認を忘れずに

Job設定が完了したら、念のため「Run now」を押して、動作テストをしておきましょう。バックアップ対象のデータが大きすぎたりするとタイムアウトしてエラーになることがあります。


PageTop