埼玉のWebコンサルタント

お問合せ

Coda2でSassを使う方法

Coda2でSassを使う方法

CSSをもっと効率的に管理したい!ってことで話題の「Sass」を使ってみることにしました。今回はCodaでSASSを使う方法を紹介します。

Sassってなに?

CSSを拡張するメタ言語…って言われても全然ピンとこないですよね。CSSを効率的に編集できる機能拡張みたいなものです。変数が使えたり、構文をネスト化できたり、良く使うスタイルを定義して呼び出したり、プログラミングっぽい感じでCSSを編集できます。

黒い画面を使うので敬遠してましたが、Codaを使えば黒い画面をほとんど意識しないで簡単に使えます。

CodaでSassを使えるようにする手順

ステップ1:Codaのターミナルでローカルホストに接続

最初だけ黒い画面(ターミナル)を使います。でも一瞬だけだから我慢してください。下記のコマンドを入力するだけで自動的にインストールされます。

sudo gem install sass

ステップ2:Codaプラグイン(Coda-Sass-Plug-in)をインストール

GitHubのCoda-Sass-Plug-inからプラグインをダウンロードします。

プラグインはダブルクリックでインストールされます。ちなみに、プラグインが入っているフォルダにはこちら。(アンインストールするときは削除すればOKです。)

/Users/ユーザー名/Library/Application Support/Coda 2

インストールしたら、再起動して有効化します。

ステップ3:Sassプラグインの初期設定

メニューの「プラグイン」から「Sass」の「Sass Preferences…」を開きます。

Sassプラグインの設定

「Css Save Folder Path」でCSSファイルを保存するパスを指定します(相対パスと絶対パスが選べます)。パスを記述したら、この蘭の中でエンターを押してください。エンターを押さないと有効にならないので注意です。

これでCodaでSassを使う準備は完了です。

Sassを使ってみる

では、さっそくSassを使ってみましょう。

Sassファイルを作る

Sassファイルを作成する

拡張子「.scss」でファイルを作成すれば、CodaにSassファイルと認識されます。

Sassを書く

Sassの便利機能の1つ「変数」のサンプルです。

Sassからcssを展開する

Sassを開いたまま、「Control」+「Shift」+「S」を押すとCSSが書き出されます。

「Control」+「Shift」+「S」を押すと、CSSが書き出されます

初期設定で指定した場所にCSSファイルが書き出されています。

いつものCSSが書き出されています。

変数部分が展開されていつも見るCSSになっています。

トップに戻る