埼玉のWebコンサルタント

ブログ

WordPressの特定の投稿をエクスポート&インポートする方法

WordPressの投稿データをエクスポートする方法はいろいろあるかと思いますが、今回は特定の投稿をCSV形式でエクスポート&インポートする方法(プラグイン)をご紹介します。

エクスポートは「WP CSV Exporter」

投稿・固定ページのデータをCSVでエクスポートできるプラグインです。

WordPressの記事をCSVでダウンロードできるWP CSV Exporterプラグインを作ってみた | 着ぐるみ追い剥ぎペンギン

プラグインを有効化すると「ツール」に「CSVエクスポート」が追加されます。

プラグインを有効化すると「ツール」に「CSVエクスポート」が追加されます。

カテゴリやタグ、投稿日付など、さまざまな条件を指定してクスポート

カスタムフィールドにも対応しています。

カテゴリやタグ、投稿日付など、さまざまな条件で絞ってエクスポートできます。(ファイルフォーマットは後述するインポートツールに沿ったものになっています)

CSVの編集はExcelで可能

CSVの編集はExcelで可能

エクスポートしたCSVデータの編集はExcelでもできますが、文字コードをUTF-8にしてエクスポートするか、データの読みからCSVファイルをインポートしないと文字化けします。また、後述するインポートツールでは文字コードがUTF-8じゃないとエラーになるので、編集後エキスとエディタなどでUTF-8に変換しないといけません。

投稿・固定ページ以外もエクスポートしたい場合

投稿・固定ページだけでなく、カスタム投稿もエクスポートしたい場合は、有料のアドオン「WCE With Post Type」を追加すればできるようになります。(アドオンはカスタム投稿があるときだけ購入ページが表示されます)

インポートは「Really Simple CSV Importer」

投稿・固定ページも、カスタム投稿もカスタムフィールドもCSVでまとめてインポートできるプラグインです。

Really Simple CSV Importer 日本語解説&カスタマイズ例

「ツール」の「インポート」の一覧に「CSV」形式が追加されます。

プラグインを有効化すると「ツール」の「インポート」の一覧に「CSV」形式が追加されます。インポートする際、文字コードがUTF-8になっているか確認を忘れずに。


PageTop