埼玉のWebコンサルタント

お問合せ

WordPressのカテゴリー、タグページに説明文を表示する方法

WordPressのカテゴリー、タグページに説明文を表示する方法

WordPressのカテゴリー、タグには説明文を入力するところがありますが、ほとんどのテーマではページに表示されません。今回はこの説明文を表示させる方法を説明します。

カテゴリーやタグページは記事一覧を表示するだけではページ内容がほとんど同じなってしまいます。重複コンテンツとみなされてしまう危険性があるので、当サイトでは説明文を表示して差別化しています。

カテゴリーの編集画面

カテゴリーの編集画面です。「説明文」を入力するところはありますが、「この説明はデフォルトではあまり重要な意味を持ちませんが、これを表示するテーマも中にはあります。」と注意書きがある通り、ほとんどのテーマではここに入力した内容はどこにも反映されません。

なぜデフォルトで非表示にしているのかわかりませんが、簡単に表示させることができます。

カテゴリー、タグページの説明文を表示する

カテゴリーページに説明文を表示する

category.phpで説明文を表示させたい場所に次のコードを追加します。

<?php if(category_description()):?>
<?php echo category_description(); ?>
<?php endif;?>

タグページに説明文を表示する

tag.phpで説明文を表示させたい場所に次のコードを追加します。

<?php if(tag_description()):?>
<?php echo tag_description(); ?>
<?php endif;?>

説明文の表示は最初の1ページ目だけにしたい場合

このままでは2ページ目以降も毎回同じ説明文が表示されてしまいます。これまた重複コンテンツにならないように2ページ目以降は説明文が表示されないようにコードを追加します。

カテゴリーページの説明文を1ページ目だけ表示する

<?php if(!is_paged()):?>
<?php if(category_description()):?>
<?php echo category_description(); ?>
<?php endif;?>
<?php endif;?>

タグページも同じなので省略します。

説明文でHTMLを使えるようにする

カテゴリー、タグの説明文ではHTMLが使えません。だけど、ご安心ください。functions.phpに次のコードを追加するとHTMLが使えるようになります(フィルターでタグが削除されないようにします)。

remove_filter( 'pre_term_description', 'wp_filter_kses' );

投稿画面のようなビジュアルエディターを使いたい場合はRich Text Tagsというプラグインがあります。

説明文がリンクタイトルに反映されてしまうのを防ぐ

カテゴリー、タグに説明文を追加するとその内容がカテゴリーやタグのaタグのtitleにも反映されます。説明文が長いとソースも煩雑になってしまいます。

これを反映しないようにするにはテンプレートタグにパラメータを追加して次のようにすればOKです。

<?php wp_list_categories('use_desc_for_title=0'); ?>
トップに戻る